Home » 矯正治療 » 治療スタートから終わりまで

治療スタートから終わりまで

矯正治療のながれ


 1. 初診・相談

初診・相談 初診・相談では、「どこをどう治したいのか?」「どうして矯正歯科治療をしたいのか?」など患者さんのご希望を伺い、お口の中を拝見し、だいたいの症状、費用、期間など、矯正歯科治療の概要をご説明します。

矯正歯科治療に対する疑問や不安を抱えていらっしゃるとしたら、この初診の時に、どんなことでも相談、質問をして下さい。
当院で作成した「はならびのお話」というパンフレットと「お支払い分割プラン」のパンフレットを差し上げています。


矢印下

 2. 精密検査

精密検査 精密検査は、顔・顎・歯のX線撮影や歯型の採取をします。
顔の形、歯や骨の位置を調べます。

また、歯並び・顔面形態・顎関節等の精密検査をし、顎の動きや物を噛むときの力やバランスなどを調べます。
虫歯や、歯槽膿漏などの歯の病気のチェックもします。


矢印下

 3. 診 断

診断 診断となり、検査結果から治療方針や使用する装置、期間、治療費用などの詳しいご説明をします。コンピューターのモニタ上でのシミュレーション写真、歯の模型などをお見せし、どのように歯が動き、顔が変わっていくのかをご説明します。
矯正装置の種類、お支払い方法についても、患者さんのご希望をお聞きし、決めていきます。
また、治療を始める前のインフォームドコンセントを徹底します。


矢印下

 4. ブレース(装置)の作成

ブレース(装置)の作成 ブレース(装置)の作成です。セパレーション、バンド、ブラケット、ワイヤーという順番で矯正装置を装着していきます。矯正歯科治療に使うブレースにより異なりますが、2~3回に分けて装置します。

この期間に、虫歯などがある患者さんは平行して、虫歯などの治療が必要になります。矯正装置が入る度に、説明書をお渡ししていますので、ご安心下さい。


矢印下

 5. ブラッシングの練習

ブラッシングの練習 ブラッシングの練習とお口の衛生管理のためのホームケアーセットを差し上げています。

治療中に虫歯などにならないように、矯正中の正しい歯の磨き方を充分な時間をかけてご指導します。


矢印下

 6. 治 療

治療 矯正歯科治療終了まで月に約1回の割合いで定期的に通院していただきます。

治療の進み具合を調べながら、ワイヤーやゴムの交換など、口腔衛生管理を含め、様々な処置をしていきます。
日に日に歯が動いていくのが楽しみです。


矢印下

 7. 装置撤去

装置撤去 矯正治療が終了し、いよいよ装置をはずします。約10分ではずれます。

その後、正しくきれいになった歯並びの歯型を取ります。
美しい歯並びの記念にお写真を取り、ケースに入れて、差し上げております。


矢印下

 8. アフターケア(保定処置)

アフターケア(保定処置) アフターケア(保定処置)として、治療後の歯並びをより確実に、機能的なものにし、安定させるため、リテーナー(保定装置)を使用します。最低1年間のご使用をお願いしています。
3~6ケ月に1回程度、2年間位、定期観察していきます。

リテーナー終了後も、1年に1度の定期検診をお勧めしていますのでご安心です。歯のチェックと歯のクリーニングでいつまでも健康で美しい歯をキープしていきましょう。