Home » 矯正治療 » 中高生の矯正治療

中高生の矯正治療

中高生(11 ~18歳)の矯正治療

中高生の矯正治療

この時期のだからこその矯正。


中高生(11~18歳)の矯正治療についてのQ & A

少年、少女から大人へと顔も体もどんどん変わっていきます。
最も顔が変貌をとげる期間であり、この時期までに矯正することにより大人になって始める場合より簡単に直るケースもありますので注意が必要です。



 中学生・高校生の歯の異常を見つけるサインは?

15歳を過ぎても乳歯が残っている。
永久歯がなかなか生えない。
2本以上の歯がくっついて生えている。 ⇒ 癒合歯
歯がでこぼこ。 ⇒ 叢生
受け口(できるだけ早く治療してください。開始時期が遅いと外科的手術が必要になることもあります。)
出っ歯
すきっ歯
虫歯などで歯を失ったまま。放置しておくと、隣の歯がたおれこんできて噛み合わせがおかしくなります。
上下の歯の噛み合わせが左右にずれている。(外科的手術が必要になることもあります。)



 乳歯から永久歯に全部生え変わるのはいつ頃ですか?

人によって年齢差がありますが、だいたい12歳前後に全部永久歯に生え変わります。そしてほとんど永久歯が揃ったものの、まだなお骨は成長し続けています。顎の成長を予測しながら治療をしていきます。

成長発育期の口元は、矯正歯科治療による前歯の後退とともに上下顎の成長、鼻の高さの成長などの要素が関与して大きく変化します。

中高生の矯正治療



広瀬矯正歯科ナース