Home » 矯正治療 » 口蓋裂

口蓋裂

口蓋裂(こうがいれつ)

広瀬矯正歯科・西葛西・六本木

口蓋裂等の治療は健康保険が適用されます。

広瀬矯正歯科は更正医療機関指定を受けており、院長は日本口蓋裂学会に属しています。
以下の症状がある場合はできるだけ早く受診して下さい。これらの治療には健康保険が適用されます。
また、市区町村の窓口にて申請の手続きを取れば医療補助が受けられます。



 口蓋裂

生まれつき歯の生える部分と上顎の奥(口蓋)が裂けている先天異常の病気で口腔と鼻腔がつながっています。大きく口をあけないと症状は分かりません。
*なるべく早く受診して下さい。

哺乳がうまくできないため鼻から漏れたりします。
ホッツロ蓋床という装置を作り、裂けている部分を覆って鼻の中へ物が入らないようにする装置を装着します。
1~2歳前後で手術をします。日本歯科大学口腔外科で行います。(入院期間は1週間位)
治療をしておかないと、口蓋が裂けているためウイルスが入りやすく風を引いたり病気になりやすく、中耳炎になり難聴になることもあります。
治療後も歯並びが悪くなる可能性も高いので定期的観察が必要です。



 口唇裂

生まれた時に上唇が縦に裂けています。
*なるべく早く受診して下さい。

哺乳がうまくできないため鼻から漏れたりします。
体重が6kg位の時期(生後3ケ月頃)に手術を行います。日本歯科大学口腔外科で行います。(入院期間は1週間位)
治療後も歯並びが悪くなる可能性も高いので定期的観察が必要です。



 唇顎口蓋裂

口蓋裂と口唇裂が合併したもので、歯が生える部分や上顎の奥も裂けています。