Home » 矯正装置 » 様々な矯正装置 » 裏側矯正(インコグニート)を選ぶ理由

裏側矯正(インコグニート)を選ぶ理由



裏側矯正(インコグニート)とは?裏側矯正(インコグニート)を選ぶ理由裏側矯正(インコグニート)の治療の進め方裏側矯正(インコグニート)の治療費用

矯正歯科・西葛西・六本木
あなたは、あなたの笑顔を改善したいですか?
パーフェクトな笑顔が欲しいですか?
矯正治療はしたいけれど、笑うと装置が見えるのはイヤですか?

答えがイエスであれば、裏側矯正(インコグニート)™をお選び下さい。

裏側矯正(インコグニート)™ブレースを選択するには多くの理由があります:


•Customisationt:hey are individually designed and produced just for you

カスタマイゼーション:個々にデザインされ、あなたのためだけに生産されます。

•Aesthetics: Because they are placed on the back of the teeth they are virtually invisible from the outside

美観:装置は、歯の裏側に配置されるので、外側からは見えません。
その上、理想的な前歯の傾斜バランスを作ることができます。

•Time: Visible success in only a short time

時間:従来の裏側矯正よりも、短い期間で治療が可能です。

•Comfort: Most patients experience minimal discomfort and speech interference, after just a short adjustment period, you will be able to eat and speak normally

快適さ:装置装着後、少しの時間、少々不快感と少しの話しにくさがありますが、その後は、普通に食べたり、話したりすることができ、従来の舌側装置による違和感、痛み、発音障害が軽減しています。

•Reliable correction of all types of incorrect tooth positions

あらゆるタイプの歯並びに対応でき、再現性のある精密なワイヤーにより歯を正確に移動していきます。

•Suitable for all age groups

すべての年齢層に適しています。

•No risk of decalcification to the front tooth surface

表側の歯の表面への脱灰のリスクがありません。また従来の矯正治療に比べ、虫歯になるリスクも低下します。

•Fewer wire adjustments can mean fewer visits to the orthodontist

従来の裏側矯正よりも、装置の調整の回数が少なくなります。コンピューター3Dスキャン技術により、ブラケット(歯に接着してワイヤーを入れる器具)の位置決めが正確になり、歯は短期間に正確な位置に並んでいきます。
また、従来の装置より、壊れにくいため、緊急で来院することも無くなります。

•Since the brackets are made from gold, nickel allergies are not a problem.

金具はゴールドで作られているので、ニッケルアレルギーの問題がありません。




—-更に詳しくご説明致します—

 1. 患者様の舌側装置による違和感、痛み、発音障害が軽減されています。

Incognito (裏側矯正(インコグニート))の装置は、虫歯を治した後に装着する、金属やポーセレンのクラウンのように、各患者さんの歯にオーダーメイドされた装置です。いままでの既製の装置とは全く異なり、患者さんの口腔内の違和感が極力少なくなるように限界までで薄く作られています。また、表面形状も金属クラウンのようにしっかりと研磨が施されて滑らかに仕上げられていますので、口内炎の発現や舌への違和感などが極めて少なくなります。

矯正歯科・西葛西・六本木
矯正歯科・西葛西・六本木
左から、鋳造後、荒研磨、最終研磨の状態です。出来上がりは、つるつるの状態ですので、舌で触ってもチクチクしたりザラザラしたりすることは一切ありません。

下の図は従来の舌側矯正のブラケット(歯に接着してワイヤーを入れる器具)との厚みの比較です。歯の舌側面は、それぞれの歯の厚みに違いがあるため、唇側をきれいに並べるためにワイヤーを屈曲するか、ブラケットの厚みを調整して補正する必要がありました。具体的にはワイヤーの形状をキノコ型(マッシュルーム型)にして調整するか、ブラケットの接着面と歯の間に樹脂をはさみこんで補正する方法をとっていました。しかし、この補正操作により舌側装置はバルキー(がさばって場所をとること)になり、これが舌に口内炎を発生させたり、舌の動きに影響して発音が不明瞭になる原因とされていました。

この点をふまえて裏側矯正(インコグニート)・システムでは可能なかぎりブラケットベースを薄くして作製されており、結果として、矯正装置の異物感がなく口腔内が狭くならない/発音障害がおきにくい/ストレスがないという患者様の負担軽減がなされています。

矯正歯科・西葛西・六本木
裏側矯正(インコグニート)は従来のものに比べて、ブラケットの厚みが極力薄く、違和感にないように作成されています。
矯正歯科・西葛西・六本木
青のラインは裏側矯正(インコグニート)のワイヤーの位置になります。赤、黄色は従来の矯正装置のワイヤー位置です。 インコグニートでは特に前歯の領域で、舌の動く場所が狭くならないように設計されています。



 2. コンピューター3Dスキャン技術により、ブラケット(歯に接着してワイヤーを
 入れる器具)の位置決めが正確になり、歯は短期間に正確な位置に並んでゆく

舌側矯正治療では、歯にブラケットを付ける位置にエラーがあると、唇側矯正治療に比べて歯の並ぶ位置は5倍以上のエラーとなって発現する特性があります。このことからも、舌側矯正治療ではブラケットの正確な位置決めが極めて重要なポイントになります。
裏側矯正(インコグニート)・システムでは、患者様の歯型を3Dスキャンコンピューターにより精密に計測するため、ブラケットを歯につける位置に誤差がなくなり、歯は短期間のうちに正確に計画した位置に並んでいきます。結果として無駄無く正確に目標の歯列形状をつくることができるため治療期間の短縮につながっています。
矯正歯科・西葛西・六本木 左右は唇側および舌側の赤い点を中心にして、歯を7度反時計周りに回転させた図です。 舌側から7度回転すると歯の先端は唇側から回転した場合の5倍移動します。舌側から歯を正確にコントロールするには、ブラケットの位置の正確さが不可欠です。
矯正歯科・西葛西・六本木 矯正歯科・西葛西・六本木
治療中の実際の歯列 予測模型(セットアップモデル)
矯正歯科・西葛西・六本木 矯正歯科・西葛西・六本木
治療中の実際の歯列 予測模型(セットアップモデル)
ブラケットの位置決めと、ワイヤー形態が正確にできているため、予測模型(セットアップモデル)と実際の歯列が、ほとんど同じ状態で並んできます。
矯正歯科・西葛西・六本木
コンピューターにより、模型は3Dスキャンされて理想的な位置にブラケットが配置されていきます。



 3. 再現性のある精密なワイヤーにより歯を正確に移動できる。

舌側矯正治療では、矯正医にとってワイヤー屈曲は技術と経験のいる作業でした。歯の裏側の歯面に沿ったワイヤーの形態は複雑なため、矯正医によるワイヤー作製(曲げる時間、治療時間)に長時間が費やされました。また、人の手によるもののため、異なるワイヤーで同じ形状のワイヤーをつくる再現性には限界があり、ワイヤー交換のたびに、歯に不必要な動きが生じて、歯にも負担がかかり治療進行が遅くなる原因にもなっていました。
裏側矯正(インコグニート)のシステムでは、コンピューターが患者さんの歯型の模型を3次元的に解析して(3Dスキャン)その位置情報から、ロボットがワイヤーを作製しています。ロボットが作製するワイヤー形状は、太さの異なる最初のワイヤーから最後のワイヤーまで全く同じ形状でコピーして屈曲されており、誤差は極めて小さく正確に形態が再現されています。

ロボットがコンピューターの情報から正確にワイヤーを屈曲してゆきます。歯をむだな動きなく理想的な位置に並べていきます。

矯正歯科・西葛西・六本木



 4. 理想的な前歯の傾斜バランスを作れる。

前歯の前後的傾斜は、矯正用語でトルクと呼ばれており、患者様のバランス良いプロファイル(横顔)と深い関係があります。つまり前歯の前後的傾斜度は、患者さんの口元の審美性に大きな影響を与えるのです。前歯の前方傾斜度が強ければ出っ歯の傾向になりますし、後方傾斜度が強いと口元は後退しすぎる感じに見えます。適正な前歯部の傾斜度は、きれいな横顔をつくるポイントなのです。
裏側矯正(インコグニート)のシステムは、前歯の前後的傾斜度を正確にコントロールすることが可能で、使用するワイヤーには、それぞれの患者さんにとっての理想的な前歯の傾斜度を与える情報が計算されて作製されています。

ブラケットの縦の溝に断面が長方形のワイヤーがしっかりはまり込むため、正確な歯の前後傾斜wpコントロールすることがが可能です。

矯正歯科・西葛西・六本木



 5. 虫歯になるリスクの低下。

舌側矯正治療中の虫歯のリスクについて、多くの患者様から質問を受けます。舌側矯正は見えない部分に装置がついているために、歯磨きが十分にいきとどかないで虫歯になりやすいのでは?ということです。ドイツのハノーバー大学の研究機関より、唇側の矯正装置をつけた患者様と、裏側矯正(インコグニート)を装着した患者さんとの間で、虫歯の罹患率の差を調査した報告があります。

調査結果では、裏側矯正(インコグニート)で治療した患者さんの虫歯発生率は、唇側の矯正装置で治療した患者さんの、約1/5という結果でした。つまり、裏側矯正(インコグニート)治療は、唇側の矯正治療に比べて虫歯になりにくいという事が結論です。理由を考察すると、

●裏側矯正(インコグニート)のブラケットベースと歯との境界部が、スムーズに移行しているため、プラーク(歯につく汚れ)が付着しづらい。

●舌側歯面をカバーする面積が大きいため、汚れから歯面保護されている。

●舌側は、唾液による自浄作用が活発なため、汚れが着きにくい。

などが考えられています。このことからDr. Wiechmann は、裏側矯正(インコグニート)での治療を、虫歯罹患率の高い、若年者(小学生、中学生の年齢層)にも積極的に行っています。

矯正装置は、歯ブラシがわるいと装置の周りに虫歯ができるリスクがあります。裏側矯正(インコグニート)・システムは、そのリスクを1/5に減少させます。 矯正歯科・西葛西・六本木



 6. 装置が壊れにくい。

裏側矯正(インコグニート)のブラケットベース面は、従来型の舌側矯正ブラケットに比べて大きいため、接着面積が大きくなるため歯への接着力は強くなります。矯正治療中にブラケットがはずれますと

●ブラケットのはずれた歯は移動しなくなり治療進行が遅れる。

●はずれた箇所の装置が動いて舌にあたり、口内炎などの痛みがでることがある。

などの不具合が生じますので、この点でも有利になります。



 7. 裏側矯正(インコグニート)の作製時間は約5週間ほどかかる。

裏側矯正(インコグニート)の作製は、現在ドイツのバドエッセンの工場で行なわれています。日本から、採取した患者様の模型をドイツに送り、裏側矯正(インコグニート)を作製した後に日本に送り戻されます。
このため、患者様の歯型とかみ合せの記録をとってから装置のセットまでは、約5週間のお時間を頂く事になります。準備から装着まで時間がかかるのが少ない欠点です。



裏側矯正(インコグニート)とは?裏側矯正(インコグニート)を選ぶ理由裏側矯正(インコグニート)の治療の進め方裏側矯正(インコグニート)の治療費用ンコグニートについて|裏側矯正(インコグニート)の特徴裏側矯正(インコグニート)の治療の進め方裏側矯正(インコグニート)の治療費用

 裏側矯正(インコグニート)の特徴(メリットとデメリット)

矯正歯科・西葛西・六本木 世界最初の舌側矯正治療システムは、1980年前後より日本とアメリカの矯正医により開発されました。開発当初は表側からの矯正治療と比べて、患者様の苦痛も大きく、治療期間は長くかかり、矯正後の仕上がり結果の評価も低いものでした。その後長い時間をかけて、多くの矯正専門医や技工士の研究努力、ワイヤーの弾性性能の進化等により、舌側からの矯正治療でも表側からの矯正治療と治療結果、治療期間ともに同等のクオリティで治療できる矯正専門医が現れました。

しかしながら、患者様の立場からみると発音障害や、装置の違和感、痛みなどの問題点は完全に解消されたわけではなく、矯正専門医の立場からしても、歯の位置の最終調整の難しさなど多くの問題点が残されていたのです。

このような舌側矯正の欠点をふまえて、Dr. Wiechmannは、インコグニート・システムの開発にあたり、従来の舌側矯正治療と比べて、以下の点を改善しました。

裏側矯正(インコグニート)のメリットとデメリット

□患者様の舌側装置による違和感、痛み、発音障害が軽減。
□ コンピューター3Dスキャン技術により、ブラケット(歯に接着してワイヤーを入れる
 器具)の位置決めが正確になり、歯は短期間に正確な位置に並んでいきます。
□ 再現性のある精密なワイヤーにより歯を正確に移動。
□ 理想的な前歯の傾斜バランスを作れる。
□ 虫歯になるリスクの低下。
□ 装置が壊れにくい。
□ 裏側矯正(インコグニート)の作製時間は約5週間ほどかかる。

* 1~7の項目をクリックすると、それぞれの詳しいご説明に移動します。



 1. 患者様の舌側装置による違和感、痛み、発音障害が軽減されています。

Incognito (裏側矯正(インコグニート))の装置は、虫歯を治した後に装着する、金属やポーセレンのクラウンのように、各患者さんの歯にオーダーメイドされた装置です。いままでの既製の装置とは全く異なり、患者さんの口腔内の違和感が極力少なくなるように限界までで薄く作られています。また、表面形状も金属クラウンのようにしっかりと研磨が施されて滑らかに仕上げられていますので、口内炎の発現や舌への違和感などが極めて少なくなります。

矯正歯科・西葛西・六本木
矯正歯科・西葛西・六本木
左から、鋳造後、荒研磨、最終研磨の状態です。出来上がりは、つるつるの状態ですので、舌で触ってもチクチクしたりザラザラしたりすることは一切ありません。

下の図は従来の舌側矯正のブラケット(歯に接着してワイヤーを入れる器具)との厚みの比較です。歯の舌側面は、それぞれの歯の厚みに違いがあるため、唇側をきれいに並べるためにワイヤーを屈曲するか、ブラケットの厚みを調整して補正する必要がありました。具体的にはワイヤーの形状をキノコ型(マッシュルーム型)にして調整するか、ブラケットの接着面と歯の間に樹脂をはさみこんで補正する方法をとっていました。しかし、この補正操作により舌側装置はバルキー(がさばって場所をとること)になり、これが舌に口内炎を発生させたり、舌の動きに影響して発音が不明瞭になる原因とされていました。

この点をふまえて裏側矯正(インコグニート)・システムでは可能なかぎりブラケットベースを薄くして作製されており、結果として、矯正装置の異物感がなく口腔内が狭くならない/発音障害がおきにくい/ストレスがないという患者様の負担軽減がなされています。

矯正歯科・西葛西・六本木
裏側矯正(インコグニート)は従来のものに比べて、ブラケットの厚みが極力薄く、違和感にないように作成されています。
矯正歯科・西葛西・六本木
青のラインは裏側矯正(インコグニート)のワイヤーの位置になります。赤、黄色は従来の矯正装置のワイヤー位置です。 裏側矯正(インコグニート)では特に前歯の領域で、舌の動く場所が狭くならないように設計されています。



 2. コンピューター3Dスキャン技術により、ブラケット(歯に接着してワイヤーを
 入れる器具)の位置決めが正確になり、歯は短期間に正確な位置に並んでゆく

舌側矯正治療では、歯にブラケットを付ける位置にエラーがあると、唇側矯正治療に比べて歯の並ぶ位置は5倍以上のエラーとなって発現する特性があります。このことからも、舌側矯正治療ではブラケットの正確な位置決めが極めて重要なポイントになります。
裏側矯正(インコグニート)・システムでは、患者様の歯型を3Dスキャンコンピューターにより精密に計測するため、ブラケットを歯につける位置に誤差がなくなり、歯は短期間のうちに正確に計画した位置に並んでいきます。結果として無駄無く正確に目標の歯列形状をつくることができるため治療期間の短縮につながっています。
矯正歯科・西葛西・六本木 左右は唇側および舌側の赤い点を中心にして、歯を7度反時計周りに回転させた図です。 舌側から7度回転すると歯の先端は唇側から回転した場合の5倍移動します。舌側から歯を正確にコントロールするには、ブラケットの位置の正確さが不可欠です。
矯正歯科・西葛西・六本木 矯正歯科・西葛西・六本木
治療中の実際の歯列 予測模型(セットアップモデル)
矯正歯科・西葛西・六本木 矯正歯科・西葛西・六本木
治療中の実際の歯列 予測模型(セットアップモデル)
ブラケットの位置決めと、ワイヤー形態が正確にできているため、予測模型(セットアップモデル)と実際の歯列が、ほとんど同じ状態で並んできます。
矯正歯科・西葛西・六本木
コンピューターにより、模型は3Dスキャンされて理想的な位置にブラケットが配置されていきます。



 3. 再現性のある精密なワイヤーにより歯を正確に移動できる。

舌側矯正治療では、矯正医にとってワイヤー屈曲は技術と経験のいる作業でした。歯の裏側の歯面に沿ったワイヤーの形態は複雑なため、矯正医によるワイヤー作製(曲げる時間、治療時間)に長時間が費やされました。また、人の手によるもののため、異なるワイヤーで同じ形状のワイヤーをつくる再現性には限界があり、ワイヤー交換のたびに、歯に不必要な動きが生じて、歯にも負担がかかり治療進行が遅くなる原因にもなっていました。
裏側矯正(インコグニート)のシステムでは、コンピューターが患者さんの歯型の模型を3次元的に解析して(3Dスキャン)その位置情報から、ロボットがワイヤーを作製しています。ロボットが作製するワイヤー形状は、太さの異なる最初のワイヤーから最後のワイヤーまで全く同じ形状でコピーして屈曲されており、誤差は極めて小さく正確に形態が再現されています。

ロボットがコンピューターの情報から正確にワイヤーを屈曲してゆきます。歯をむだな動きなく理想的な位置に並べていきます。

矯正歯科・西葛西・六本木



 4. 理想的な前歯の傾斜バランスを作れる。

前歯の前後的傾斜は、矯正用語でトルクと呼ばれており、患者様のバランス良いプロファイル(横顔)と深い関係があります。つまり前歯の前後的傾斜度は、患者さんの口元の審美性に大きな影響を与えるのです。前歯の前方傾斜度が強ければ出っ歯の傾向になりますし、後方傾斜度が強いと口元は後退しすぎる感じに見えます。適正な前歯部の傾斜度は、きれいな横顔をつくるポイントなのです。
裏側矯正(インコグニート)のシステムは、前歯の前後的傾斜度を正確にコントロールすることが可能で、使用するワイヤーには、それぞれの患者さんにとっての理想的な前歯の傾斜度を与える情報が計算されて作製されています。

ブラケットの縦の溝に断面が長方形のワイヤーがしっかりはまり込むため、正確な歯の前後傾斜wpコントロールすることがが可能です。

矯正歯科・西葛西・六本木



 5. 虫歯になるリスクの低下。

舌側矯正治療中の虫歯のリスクについて、多くの患者様から質問を受けます。舌側矯正は見えない部分に装置がついているために、歯磨きが十分にいきとどかないで虫歯になりやすいのでは?ということです。ドイツのハノーバー大学の研究機関より、唇側の矯正装置をつけた患者様と、インコグニートを装着した患者さんとの間で、虫歯の罹患率の差を調査した報告があります。

調査結果では、インコグニートで治療した患者さんの虫歯発生率は、唇側の矯正装置で治療した患者さんの、約1/5という結果でした。つまり、裏側矯正(インコグニート)治療は、唇側の矯正治療に比べて虫歯になりにくいという事が結論です。理由を考察すると、

●裏側矯正(インコグニート)のブラケットベースと歯との境界部が、スムーズに移行しているため、プラーク(歯につく汚れ)が付着しづらい。

●舌側歯面をカバーする面積が大きいため、汚れから歯面保護されている。

●舌側は、唾液による自浄作用が活発なため、汚れが着きにくい。

などが考えられています。このことからDr. Wiechmann は、裏側矯正(インコグニート)での治療を、虫歯罹患率の高い、若年者(小学生、中学生の年齢層)にも積極的に行っています。

矯正装置は、歯ブラシがわるいと装置の周りに虫歯ができるリスクがあります。裏側矯正(インコグニート)・システムは、そのリスクを1/5に減少させます。 矯正歯科・西葛西・六本木



 6. 装置が壊れにくい。

裏側矯正(インコグニート)のブラケットベース面は、従来型の舌側矯正ブラケットに比べて大きいため、接着面積が大きくなるため歯への接着力は強くなります。矯正治療中にブラケットがはずれますと

●ブラケットのはずれた歯は移動しなくなり治療進行が遅れる。

●はずれた箇所の装置が動いて舌にあたり、口内炎などの痛みがでることがある。

などの不具合が生じますので、この点でも有利になります。



 7. 裏側矯正(インコグニート)の作製時間は約5週間ほどかかる。

裏側矯正(インコグニート)の作製は、現在ドイツのバドエッセンの工場で行なわれています。日本から、採取した患者様の模型をドイツに送り、裏側矯正(インコグニート)を作製した後に日本に送り戻されます。
このため、患者様の歯型とかみ合せの記録をとってから装置のセットまでは、約5週間のお時間を頂く事になります。準備から装着まで時間がかかるのが少ない欠点です。



裏側矯正(インコグニート)について裏側矯正(インコグニート)の特徴裏側矯正(インコグニート)の治療の進め方裏側矯正(インコグニート)の治療費用